[241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231]

2011年01月17日

「モーニング・アイランド/渡辺 貞夫」 - 名曲のご紹介


今日は、渡辺 貞夫の「モーニング・アイランド」のご紹介です。

渡辺 貞夫(わたなべ さだお、1933年2月1日 - )は、栃木県宇都宮市出身の日本のジャズ/フュージョンサックスプレーヤー、作曲家です。
「ナベサダ」の愛称があり、フルートも吹きます。

1977年発売のアルバム『渡辺貞夫リサイタル』で芸術祭大賞を受賞し、1978年にデイヴ・グルーシン等を従えて制作したフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』は、ジャズ界では空前の大ヒット作となり、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになりました。

今日ご紹介する「モーニング・アイランド」は、LA録音だった「マイ・ディア・ライフ」、「カリフォルニア・シャワー」に続いて、1979年にNY録音で制作されたデイブ・グルーシン(key)とのコラボレーション作です。

さて、それでは早速、アルバム「モーニング・アイランド」の中から、タイトル曲である「モーニング・アイランド」をどうぞ。


モーニング・アイランド/渡辺貞夫

どこか哀愁を帯びたフルートの音色が新鮮に響き、ストリングスをバックにした爽やかなフュージョンサウンドに仕上がっています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字