[1082] [1081] [1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072]

2018年07月17日

「勇気があれば/西城秀樹」 - 名曲のご紹介


今日は、西城 秀樹の「勇気があれば」のご紹介です。

勇気があれば 西城秀樹 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

西城 秀樹(さいじょう ひでき、本名:木本 龍雄(きもと たつお)1955年4月13日 -2018年5月16日)は、広島県広島市出身の歌手、俳優です。

西城 秀樹は、1972年3月25日に、シングル「恋する季節」で「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズと共に歌手デビューをします。
片仮名の「ヒデキ」の愛称で人気となった西城 秀樹は、「チャンスは一度」以降、当時マイクを持って直立不動の姿勢で歌う歌い方が主流であった歌謡界に、アクション旋風を巻き起こします。

そして、1973年に「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。
一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれます。

その後、「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が続けてオリコン週間チャートの第1位に輝き、「第15回日本レコード大賞」では初の歌唱賞を受賞します。

今日は、そんな西城秀樹の、1979年9月5日に発売された通算30枚目のシングルである「勇気があれば」をどうぞ。


勇気があれば/西城秀樹

この曲の歌詞はこちら

この曲は、過去にシングル表題曲となったバラード曲「若き獅子たち」「ブルースカイブルー」に比べると、マイルドな曲調のバラードです。

「第21回日本レコード大賞」においては、当時の規定により、選考の対象外となってしまった「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」の代わりに本曲でエントリー。

そして、大賞を決める決選投票まで残りますが、本曲と同じ筒美京平作曲の「魅せられて」(歌:ジュディ・オング)にあと一歩及ばずでした。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字