[1043] [1042] [1041] [1040] [1039] [1038] [1037] [1036]

2017年10月07日

「フィーリング/ハイ・ファイ・セット」 - 名曲のご紹介


今日は、ハイ・ファイ・セット(Hi-Fi Set))の「フィーリング」のご紹介です。

フィーリング ハイ・ファイ・セット ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

ハイ・ファイ・セットは、1974年に結成され、1994年に解散したコーラスグループです。

ハイ・ファイ・セットは、フォークグループ「赤い鳥」が1974年9月に解散後、同グループのメンバーだった山本潤子(旧姓、新居潤子。1973年4月メンバーの山本俊彦と結婚)、山本俊彦、大川茂の3人によって、同年の10月に結成されました。

そして、1975年に、「卒業写真」と、同名のアルバムの同時発売でレコード・デビューをします。

以降、「冷たい雨」「朝陽の中で微笑んで」など、荒井由美(現;松任谷由実)の曲を数多くヒットさせ、後に荒井由美自身がセルフ・カバーしたことでいっそう人気が高まります。

1977年に、ブラジルのシンガーソングライター、モーリス・アルバート(英語版)の「愛のフィーリング(原題はFeelings)」になかにし礼が歌詞をつけたカバー曲「フィーリング」が大ヒット。

以降、ハイ・ファイ・セットは、山本潤子のソプラノと山本俊彦のテナー、そして大川茂のバス・ボイスによる抜群のコーラスワークと、都会的で洗練されたアレンジで、ニューミュージック全盛の時代に高い人気を誇ります。

今日は、そんなハイ・ファイ・セットの、1976年12月1日に発売された、その「フィーリング」をどうぞ。

ハイ・ファイ・セットは、1980年にいったん活動を停止しますが、1年後に活動を再開。
4ビートジャズを日本語の歌詞で歌うなど、新境地を開拓します。

1984年には、「素直になりたい」がシチズンのCMソングに使われてヒット。
1992年10月に活動を休止するまで、シングル曲26枚、アルバム19枚を残し、1994年9月に解散します。

なお、山本潤子は解散後、ソロシンガーとして活動しています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字