[629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619]

2014年04月11日

「ラヴァーズ・コンチェルト(A Lover’s Concerto)/サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)」 - 名曲のご紹介


今日は、サラ・ヴォーンの「ラヴァーズ・コンチェルト(A Lover's Concerto)」のご紹介です。

ラヴァーズ・コンチェルト サラ・ヴォーン ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan, 1924年3月27日 - 1990年4月3日)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身の黒人女性ジャズボーカリストです。

サラ・ヴォーンは、ソプラノからコントラルトまでの幅広い声域に、美しいヴィブラートの掛かった、オペラ歌手にも匹敵する声と、豊かな声量を兼ね備えた、大胆なフェイク(=原曲のメロディを即興で変えて歌ったり演奏すること)やスキャットを取り入れた歌唱力をも持ち味とした歌手です。
ジャズ・ボーカル史上、ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドと並ぶ、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人と言われています。

サラ・ヴォーンのデビューは1940年代で、1947年に歌った「It's Magic」が初めてのヒット曲となり、大型新人として注目を集めます。

ジャズに留まらない幅広い音楽性を持ち、ポップスにも挑戦して、1950年代には「Whatever Lola Wants」や「roken-heated Melody」などのいくつかのヒット曲がありますが、これらは商業的に大きな成功をするには至らず、通俗性ゆえに批評家からは冷淡な扱いを受けます。

1960年代には、ビートルズのカバーや、1965年に発表し日本では特に知られている「ラヴァーズ・コンチェルト(A Lover's Concerto)」も発表します。

今日はその、「ラヴァーズ・コンチェルト」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら

ちなみに、「ラヴァーズ・コンチェルト」の歌詞の内容は、好きな彼氏と一生別れたくないという恋する女性の純真な気持ちを歌ったものです。

原曲は、J・S・バッハの「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」のメヌエットで、「ラヴァーズ・コンチェルト」は、この曲をモチーフにしてポップス風に編曲してできたものです。
1965年に、アメリカのソングライター、サンディー・リンザー(Sandy Linzer)とデニー・ランデル(Denny Randell)が詩をつけたものをガール・グループ、「ザ・トイズ(The Toys)」が歌って、アメリカおよびイギリスで大ヒットし、Billboard Hot 100では最高2位を記録しました。

日本では、特に今日ご紹介したサラ・ヴォーン版が有名で、TVドラマ「不機嫌なジーン」の挿入歌や、天海祐希が出演するニッポンハム(日本ハム)グループCMなど、多くのメディアで使用されています。

音楽は楽しい! : ザ・トイズ♪-気まぐれ音楽紹介 from 横浜♪
http://blogs.yahoo.co.jp/gutch15/20147634.html
ラヴァーズ・コンチェルト A Lover's Concerto-CMソング情報
http://www.cm-songs.com/food/other/a01/lovers-concerto.html


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字