[511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501]

2013年06月11日

「さよならをするために/ビリー・バンバン」 - 名曲のご紹介


今日は、ビリー・バンバンの「さよならをするために」のご紹介です。

ビリー・バンバン さよならをするために ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

ビリー・バンバン(Billy BanBan)は、東京都国立市出身の菅原孝、進の兄弟二人によるフォークデュオです。

ビリー・バンバンは、1966年に当時青山学院大学の学生であった菅原進によって、友人達四人組のバンドとして結成されました。
翌年の1967年にメンバーチェンジが行なわれ、菅原孝とパーカッションの中野光雄(後のせんだみつお)の三人組のバンドとなります。

その後、紆余曲折を経て、ビリーバンバンは菅原孝と菅原進による兄弟デュオとして、「白いブランコ」でメジャーデビューをすることとなり、この曲は売り上げ20万枚を超えるヒットとなります。

その後、人気は下火となってしまいますが、1972年、テレビドラマ「三丁目4番地」の主題歌である「さよならをするために」が約80万枚の大ヒットとなり、この曲でその年の「第23回NHK紅白歌合戦」に出場します。

今日はその「さよならをするために」をどうぞ。


さよならをするために/ビリー・バンバン


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字