[404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395] [394]

2012年09月09日

「メランコリニスタ」 - 名曲のご紹介


今日は、YUKIの「メランコリニスタ」のご紹介です。

YUKI(ユキ 本名:倉持有希(くらもち ゆき)、旧姓、磯谷(いそや、1972年2月17日 -)は、北海道函館市出身の女性歌手です。

YUKIは、1992年、映画「いつかギラギラする日」の撮影で函館市を訪れていた恩田快人(おんだ よしひと)と出会ったことがきっかけで、JUDY AND MARYを結成し、ボーカルとして活躍します。
1996年には、「そばかす」が、オリコンチャート初登場1位を記録します。

2002年、シングル「the end of shite」でソロデビューし、2010年現在5枚のオリジナルアルバムと1枚のシングルコレクションを発売しています。
ソロデビュー後のシングル最高位は「ドラマチック」の2位。アルバム最高位は「joy」「Wave」「five-star」「うれしくって抱きあうよ」「megaphonic」の1位です。

今日は、そんな彼女の多くの曲の中から、2006年に発売された通算13枚目のシングル、「メランコリニスタ」をどうぞ。


メランコリニスタ/YUKI

ちなみに、この曲の作詞はYUKI自身、作曲は蔦谷 好位置(つたや こういち)です。

また、「メランコリニスタ」の意味ですが、これはYUKIの造語で、Yahoo!ミュージックによるインタビューで、曲について、「とにかく踊れるようにしたくて、詞の内容に意味があまりないようなものにしたかった」と述べています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字