[1120] [1119] [1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111]

2019年04月15日

「淋しい熱帯魚/Wink」 - 名曲のご紹介


今日は、Winkの「淋しい熱帯魚~」のご紹介です。

淋しい熱帯魚 Wink ジャケットイメージ
写真はこちらからお借りしました。

Wink(ウィンク)は、1980年代後半から1990年代中期にかけて活躍した、鈴木早智子(すずきさちこ)と相田翔子(あいだしょうこ)の2人による、女性アイドル・ポップス・ユニットです。

Winkは、1988年に結成され、同年4月「Sugar Baby Love」でレコードデビューをします。
そして、翌年の1989年に、「愛が止まらない~Turn It Into Love~」で第22回全日本有線放送大賞グランプリ(上期)を受賞。
同年発売の「淋しい熱帯魚」で第22回全日本有線放送大賞グランプリ(年間)、第31回日本レコード大賞を受賞。
さらにまた、同曲で第40回NHK紅白歌合戦に出場を果たします。

今日は、そんなWinkの、1989年7月5日に発売された通算5枚目のシングルである「淋しい熱帯魚」をどうぞ。


淋しい熱帯魚/Wink

この曲の歌詞はこちら

この曲が発売されるまで、彼女たちが歌ってきた曲のほとんどは、洋楽のカバーでした。
それで、この曲もそうかと思いきや、実は、新規に作られたオリジナルなのです。
さすが、良くできてますよね。(o^^o)スバラシイ!

この曲は、発売から間もなく、7月17日付でオリコン初登場1位を獲得し、以後11月27日付まで100位以内に20週連続ランクインします。

また、1989年のオリコン年間ランキングでは7位にランクインし、Winkのシングルとしてはカイリー・ミノーグの楽曲のカバー「愛が止まらない~Turn it into love~」の62.95万枚に次ぐ54.873万枚の売り上げを記録。

この曲は、Winkのオリジナル曲としては、最大のヒット曲となりました。

この曲のタイトルの読み方

タイトル「淋しい熱帯魚」の中の「淋しい」の読みは、JASRACには「さびしい」で登録されていますが、この曲の作詞者である及川眠子(おいかわ ねむこ)によるものは「さみしい」です。

作詞者は自著で、

「さびしい」ではなく「さみしい」が正しいタイトルの読み方。これを濁音にしてしまうと、音に重さが出てしまい、ヒラヒラ、キラキラな Wink のイメージではなくなってしまうので、わざわざ濁らないようにしているんです」

と、述べています。

また彼女は、「さびしい」を「寂しい」、「さみしい」を「淋しい」として使い分けており、なおかつ、本曲での「淋」の文字の選択については、「魚」にかけて”さんずい”のある「淋」を使ったともしており、当楽曲の「さみしい」という読みと「淋」の文字との選定理由が複合してもいます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字