Super源さんの音楽ブログ

名曲紹介、作詞・作曲、音楽用語の楽しい覚え方、その他音楽にまつわることを書いていくブログです。可愛い音楽ブログパーツも配布しています。

Rss  Admin

「パープルタウン ~You Oughta Know By Now~/八神 純子」- 名曲のご紹介

今日は、八神 純子の「パープルタウン ~You Oughta Know By Now~」のご紹介です。

パープルタウン You Oughta Know By Now 八神 純子 ジャケットイメージ
写真はこちらからお借りしました。

八神 純子(やがみ じゅんこ 出生名:同じ、結婚後の本名:スタンレー純子、1958年1月5日 -)は、愛知県名古屋市出身のシンガーソングライターです。現在アメリカ合衆国在住。ジューン・スタンレー(June Stanley)名義での活動もあり。

八神 純子は、3歳からピアノを習い、小学校1年生からは日本舞踊を習い始めます。
幼少の頃から歌が大好きで、自宅でも壁に向かってザ・ピーナッツやシャーリー・バッシーの歌を歌い続け、両親を呆れさせます。

高等学校に入学すると、ヤマハのヴォーカルタレントスクールにも通い始めます。
高校在学中の1974年(16歳の時)に初めて作詞作曲した「雨の日のひとりごと」が、第8回POPCON優秀曲賞に入賞します。

なお、この会には「幸せの時」もノミネートされ、入賞曲に選ばれています
。同一大会で2曲ノミネートされ、2曲同時に入賞したのは、つま恋で本選会が開かれてからは後にも先にも八神純子だけでした。

高校卒業後は、音楽の道に進み、20歳の時に「思い出は美しすぎて」でプロ歌手としてデビューをします。
この曲はオリコン最高位25位となり、売上12万枚のヒットとなります。

デビュー当初からネム音楽院出身の選りすぐりメンバーで構成された専属バックバンドメルティングポットを率いていたのは、当時としては画期的なことでした。
また、同カップリング曲の「恋人同志」は、「ロッテ 歌のアルバム」のテーマソングに使われました。

そして、八神純子は1980年4月から54日間、アメリカのロサンゼルスに渡り、一般人家庭にホームステイ。
帰国後発売した「パープルタウン~You Oughta Know By Now~」はオリコン最高位2位、売上60万枚[8]の大ヒットとなり、暮れの『第31回NHK紅白歌合戦』には同曲で初出場します。

今日はその「パープルタウン ~You Oughta Know By Now~)」をどうぞ。


パープルタウン/八神純子

この曲の歌詞はこちら

「パープルタウン」の売り上げ枚数

「パープルタウン」は、同年の日本航空JALPAK「I LOVE NEWYORKキャンペーン」CMソングに起用され、累計60万枚のセールスを記録します。
TBSテレビ「ザ・ベストテン」においては、1980年9月4日に第9位で初登場。その後、10月9日・10月16日と、2週連続で同番組唯一の第1位を獲得しています(その後11月27日の第6位迄、13週間連続でランクイン)。

「パープルタウン」の著作権訴訟とタイトル変更

当初のタイトル表記は「パープルタウン」のみでした。
が、同曲の発売後、レイ・ケネディの『You Oughta Know By Now』(邦題:ロンリー・ガイ)とメロディーの一部及びアレンジが酷似していることから盗作疑惑が起こり訴訟沙汰になります。

そのため、八神の所属事務所のヤマハ音楽振興会が、原曲タイトルとレイ・ケネディ側のクレジットを入れることで決着しました。


You Oughta Know By Now/Ray Kennedy

おお!(゚o゚) まずアレンジがそっくり、メロディーも良く似ています。
確かにこれでは、盗作といわれても言い返せないレベルですね。【><】

「僕がどんなに君を好きか、君は知らない/郷ひろみ」- 名曲のご紹介

今日は、郷ひろみの「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」のご紹介です。


写真はこちらからお借りしました。

郷 ひろみ(ごう ひろみ)、 本名:原武 裕美(はらたけ ひろみ)1955年10月18日[2] - )は、福岡県出身の歌手、俳優、タレントです。

『ひろみ』という名前は祖父が付け、「心が"美しく"、いろんな意味で"裕福"になるように」という意味が込められています。

郷 ひろみは、1972年8月1日に、CBSソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)所属の歌手としてデビューをします。
同年9月25日に、デビュー曲「男の子女の子」がオリコン週間チャートのベストテン入りを果たし、11月には第14回日本レコード大賞・新人賞を受賞。
1973年に、ブロマイド年間売上実績No.1となり、西城秀樹、野口五郎と共に新御三家と呼ばれ、一躍トップアイドルの仲間入りを果たします。

同年11月20日に、「裸のビーナス」で第4回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞。
12月2日には、「小さな体験」で第6回日本有線大賞・大衆賞を受賞します。
12月31日に、第24回NHK紅白歌合戦に初出場し、前年のデビュー曲「男の子女の子」を歌います。以後1985年まで、紅白歌合戦には13年連続出場します。

1974年10月28日に、初主演テレビドラマ『ちょっとしあわせ』の主題歌「よろしく哀愁」で、自身初のオリコン週間チャートの第1位を獲得します。

今日は、そんな郷ひろみの、1993年1月21日に発売された通算65枚目のシングルである「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」をどうぞ。


僕がどんなに君を好きか、君は知らない/郷ひろみ

この曲の歌詞はこちら

この曲は、バラード3部作の1作目として発売され、フジテレビ系ドラマ『正しい結婚』主題歌となった作品です。
またこの曲は、楠瀬の1989年の同名アルバムのタイトル曲をカバーしたもので、この曲のヒットに伴い、同年に楠瀬本人のバージョンもシングルとして発売されています。楠瀬バージョンには、一部歌詞の異なる部分があります。

「ピアプロ」の方に、オリジナル曲「うらめしや(歌:KAITO)」をアップしました!

皆さんこんばんは。(^^)/
いかがお過ごしですか?

さて、昨日新曲が完成し、ピアプロの方に上げましたのでご報告いたします。(^^)

今回は、同ピアプロで歌詞を書かれているナガクさんとのコラボ曲です。(^^)
何というか、やっと完成した、という感じです。\(^o^)/デキター。

【KAITO】 うらめしや / 作詞:ナガク 【オリジナル曲】
https://piapro.jp/t/QHh3

うらめしや KAITO  ジャケトイメージ

「うらめしや」というこのタイトルだけを見ると、いかにも恨みつらみが深い成仏できない地縛霊の、おどろおどろしい歌というイメージが想起されるかと思います。
が、この曲の歌詞を読んでみると、この幽霊君は未だこの世に留まってはいるものの、それほど深い恨みがあるわけでもないことが分かります。

何というか、まだ心に余裕がある感じなのですね。(^。^)

それもそのはず、作詞者のナガクさんによれば、

夏のお祭りの風景(屋台や花火、神社など)を見ている、幽霊をイメージして書きました。

というコンセプトで書かれた歌詞なのです。(^^)

ということで、全体的には陰りがありながらも、ちょっぴり明るめのアレンジになるよう心掛けました。(^^)v
もし良かったら、どうぞお聴きになってみて下さいね。

ちょっと間の抜けた効果音で始まる、ジャズ風でノリのいい、どこかユーモラスな曲になっているかと思います。
恐いというよりも、むしろ楽しいですよ。(^^)←ホントカ?

また、この曲のジャケットは、ピアプロでイラストを描かれているトカゲAさんからお借りしました。

トカゲAさんのページはこちら。
https://piapro.jp/tokage_a

なお、ご感想などありましたら、この記事のコメント欄か、「Super源さんの癒しの音楽館」の掲示板の方にいただければ幸いです。(^^)

掲示板-Super源さんの癒しの音楽館
https://www.orange-moon.org/bbs/ongaku-kan/

また、近日中に癒しの音楽館の方でも公開する予定なので、そのときでもOKです。

以上、一足早い新曲公開のお知らせでした。(^O^)/