[1039] [1038] [1037] [1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030]

2017年09月07日

「京都の恋/渚ゆう子」 - 名曲のご紹介


今日は、渚ゆう子の「京都の恋」のご紹介です。

京都の恋 渚ゆう子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

渚 ゆう子(なぎさ ゆうこ、本名:大江 千鶴子 1945年11月8日 -)は、大阪市浪速区出身の歌手です。

渚 ゆう子は、1964年に、久葉真鶴(くばまづる)の芸名で芸能界入りをします。

そして、1965年に、和田弘とマヒナスターズの前唄で出演しますが、そのとき、リーダー和田弘のすすめにより上京。
作曲家浜口庫之助に師事し、ハワイアンを覚えます。

1966年に、「渚ゆう子」に改名。
命名当初は渚夕子でしたが、日没のイメージは良くないということで、ゆう子となります。
名付け親は、マヒナスターズの松平直樹です。

1967年6月に、ハワイアン歌謡「早くキスして」でレコードデビュー。
この曲は、和田弘とマヒナスターズの佐々木敢一とのデュエット曲です。

そして、1970年に、ベンチャーズ作曲・演奏の「京都の恋」を日本語の歌詞で唄い、大ブレイク。
渚 ゆう子は、この曲で、一躍人気歌手となります。

その後は、京都慕情(1970.12.01)、さいはて慕情(1971.03.25)、雨の日のブルース(1971.08.05)、長崎慕情(1971.12.01)と、ヒットを飛ばしていきます。

今日は、そんな渚ゆう子の、1970年05月25日に発売された、デビュー曲である「京都の恋」をどうぞ。

この曲は、1970年2月25日に、「ザ・ベンチャーズ」が日本で発売したシングルです。
もともと「ザ・ベンチャーズ」のインストゥルメンタル曲で、同年の1970年に開催された「日本万国博覧会」を記念して製作されたものです。

この曲の日本での英語題は"Kyoto Doll"、米題は"EXPO'70"で、オリジナルレコーディングにおいては、主旋律の演奏にエレキ・シタールが使われています(彼らのコンサートも同様)。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字